【BEGIN5月号掲載】内聯昇×TRISECT2 キャンバスカンフーシューズ ジャーナルスタンダード【JOURNAL STANDARD】 500323102★ 靴 メンズ MAGASEEK 526528-500323102 マガシーク 【BEGIN5月号掲載】中国150年に渡る歴史をもつ「内聯昇」へ別注をかけ・・ PC&タブレット&ipad&iPhone・Android・スマホで欲しいならココで通販


ジャーナルスタンダード【JOURNAL STANDARD】
【BEGIN5月号掲載】内聯昇×TRISECT2 キャンバスカンフーシューズ
スマホ・Android・iPhone&PC&ケータイで申し込み
入口はココです


【BEGIN5月号掲載】中国150年に渡る歴史をもつ「内聯昇」へ別注をかけたカンフーシューズ。

特徴的なクラシカルなカンフーシューズを別注したスペシャルモデル。
過去にはハイブランドとの別注も話題になった「内聯昇」。
中国に名を残す数々の著名人が履いた事もあり、足に吸い付く履き心地です。
今期人気のワイドパンツにも好相性のアイテムです。

【内聯昇】
清咸豊三年(紀元1853年)より創業の中国一とも言われる老舗シューズブランド。
かつて北京では「靴を見れば、(裕福な)旦那かどうかわかる」と言われていました。
面子を重んじる北京人は靴を非常に大切に考えており、 ?戴?聚源,身披瑞?祥,脚踏内?升,腰?‘四大恒’。 「頭に馬聚源、身体に瑞?祥、腰に四大恒、足に内聯昇(陞)」という流行語もありました。これは北京の代表的な四つの老舗を指すもので、「馬聚源の帽子をかぶり、瑞?祥シルク・布店のもので仕立てた服を纏い、腰につけた財布の中には「恒」という字のついた四つの大きな私営の金融機関(恒利、恒和、恒興、恒源)の銀兌換紙幣があり、内聯昇の靴を履いている」という意味です。この4つのブランドが、高い身分を象徴するようなものだった、ということです。百年あまりにわたって、朝廷に仕える文官武官が履いているのは内聯昇製の「朝靴」で、ラスト・エンペラーが即位したときに履いていたのも、内聯昇製の「龍靴」。毛沢東、周恩来、朱徳ら、中国の多くの著名人もみな内聯昇の布靴を好んで履いた、ということです。

※箱や靴本体の表記と注文表記サイズが異なりますが、弊社表記サイズが実寸のサイズとなります。
※店頭及び屋外での撮影画像は、光の当たり具合で色味が違って見える場合があります。


マガシーク(MAGASEEK)
500323102
ファッション通販
526528-500323102



ジャーナルスタンダード【JOURNAL STANDARD】 メンズ 靴
ファッション・アパレル